芸術鑑賞会「東京演劇集団・風」Touch 〜孤独から愛へ〜


9月15日(水)豊中市立文化芸術センター大ホールにて令和3年度芸術鑑賞会「東京演劇集団・風」Touch 〜孤独から愛へ〜を実施いたしました。


 

コロナ感染症対策も徹底して行い、出演者の方には事前のPCR検査も定期的に実施して頂き、徹底した対策のもと公演を実施して頂きました。


 

舞台はアメリカ、北フィラデルフィアの下町にある古いアパートの一室。そこに兄トリート、弟フィリップという孤児の兄弟が二人きりで生活しています。そこに裕福そうな初老の紳士が絡んで・・・。


 

というストーリーから始まる人間模様を細かく、そして劇的に描く展開に、生徒も最後まで興味を深めながら、集中して最後まで観劇している様子でした。

終演後は生徒代表として「演劇部」の生徒がステージ見学をさせて頂き、観劇したばかりの本物の演劇の現場に、感動で涙する生徒も見られるほど、心に留まる鑑賞会となりました。


 

ステージ見学の最後には「東京演劇集団・風」様より箕面高校へこのコロナ渦で懸命に学びを続ける生徒へのエールとして「色紙」をいただき、より素晴らしい時間となりました。


 

改めまして「東京演劇集団・風」様、この度は素晴らしい観劇の機会をいただきまして本当にありがとうございました。


(※最後の記念撮影時のみマスクを外しています)