【女子バレーボール部】夏休み活動報告


夏休みに入り、部員たちはうだるような暑さの中、懸命に部活動に取り組んでいます。

新型コロナの爆発的感染拡大のため、予定していた夏合宿は中止となりました。大きな成長の機会である合宿が無くなってしまったのは非常に残念ですが、それでもめげることなく日々バレーボールに向き合う部員たちのひたむきな姿は、とても輝いています。

本来合宿を予定していた7/26〜29の4日間は、千里青雲高校にお伺いし、強化練習と練習試合をさせていただきました。今の自分たちに何が必要なのかが明確に分かった4日間であり、今後の練習で自分たちがしなければならないことをはっきり自覚できる毎日でした。

突然の申し出にも関わらず快く練習場所を提供し、試合の相手をしていただいた千里青雲高校女子バレーボール部の皆さん、本当にありがとうございました。

今後夏休み中の練習やさまざまな学校との練習試合の中で、部員たちはさらに心身共に成長してくれることでしょう。1年生にとっても、2年生にとっても、マネージャーにとっても、大きな飛躍の夏になることを期待しています。

箕高女バレの夏は、まだ始まったばかり!