【祝・ダンス部日本一】高校ストリートダンス選手権2021・決勝大会


7月25日、藤井寺市立市民総合会館パープルホール大ホールにて、ADHIP主催・高校ストリートダンス選手権2021・決勝大会が開催されました。

この大会は、本校では3年生が引退試合として参加する最後の全国大会。例年は4月の下旬に大会が行われていましたが、今年は緊急事態宣言発令中だったため、7月への延期となりました。

本校ダンス部では例年、3年生は学業専念のため、5月になってすぐ引退をします。7月に大会参加となると、時期的に進路にも大きく関わることもあり、参加するかどうかの決断は3年生にとって決して簡単なものではありませんでした。しかし、最後まで「日本一」の夢を諦めることなく、多くの選手が引退を延ばし、有志のダンス部3年生で参加することとなりました。

今年は関西・関東あわせて4回の予選に計104チームが参加。決勝大会は予選を突破した20チームの並いる強豪の中、本校ダンス部3年生チーム「MINOH DANCE CREW」が見事優勝、「日本一」の栄冠に輝きました。

近年のダンス部界では私学の台頭がめざましく、充実した練習環境やプロコーチの招聘など、力の差は開くばかりと感じることが多くあります。そんな中、入賞6校中、唯一の公立高校としての受賞となった本校ダンス部。「自主自律・和親協力」の校訓のもと、作品作りから練習に至るまですべて自ら考え、自ら行動できたことが、何より箕面高校での三年間の学びを、こういった「日本一」という形で表現してくれたのだと強く感じました。

これにて3年生は部活動引退となります。部活動を通して培った「諦めない心」を進路実現でも存分に発揮し、次なるフィールドでの新たな「チャレンジ」に期待しています。あらためまして、ここまで応援してくださった関係の皆さま、三年間、ご理解・ご支援いただきまして本当にありがとうございました!


 

大会公式HP:DANCE DELIGHT

https://www.dancedelight.net/report/225/