【校長ブログ】Chat GPT


今週月曜日に、立命館大学 生命科学部 山中教授のご来校を得て、当校の英語教諭のためにChatGPTについてお話しいただきました。
ChatGPTは、高度なAI技術によって、人間のように自然な会話ができるAIチャットサービスです。2022年11月に公開され、その後急速に進化を遂げて、現在はGPT-4を搭載したChatGPT plusが最新モデルとなっています。恥を承知で申し上げると、私自身このChatGPTのデモを見るのは初めてでしたが、この機能(頭の良さ)には驚きを禁じ得なかったと同時に、一種の恐ろしさを感じました。英語科で言えば、英文読解でも英作文でも、こちらの意図を伝えれば、それに沿った問題作成が然るべくなされる、例えばあるテーマを指示し、英検準1級レベルの問題を作成せよ、と依頼すれば、その難易度に見合った問題が出来上がるということで、その面だけを見れば先生方の作問に割く時間は大幅に軽減されることになります。作問だけでなく、授業にも活用していけば授業準備も効率化されるでしょう。もちろん英語に限らず、他の教科での活用も可能です。
ただし、山中教授の「ChatGPTは平気で嘘をつく」とのコメントもあり、成果物に対する検証とその能力は必須ですので、先生方の教科指導スキルが不可欠であることは論を俟ちません。その上で、学びのデザイン策定や教室での生徒に対するfacilitationに先生方がより軸足を移していくことになるのかな、とも思慮しました。
「完全禁止することは現代社会にそぐわない、生徒が社会の進歩から遅れてしまう」という山中教授の警鐘にもしっかり耳を傾けながら、ChatGPTに人間が使われるのではなく、主体性をもって使いこなせるまで、少なくともマインドを進化させ、教養を深めていく必要があると感じた次第です。