書道作品「金文」


金文の多くは、鋳銘(文字を鋳込んだもの)で青銅器内部の底面や側面、ときには蓋の裏側などに、陰文(凹文)で鋳込まれています。

生徒のオリジナル作品です。ユニークな作品から奥深い作品まであり、見ている人の気持ちを楽しませてくれます。